一人暮らしの部屋にベッドをどのように配置するべきか

一人暮らしであれば、友達を呼んだりするときにできればかっこいい、素敵な部屋だと思ってもらえるようにしたいものです。そういったときに、ふとんを置いてあるよりも、ベッドを配置したほうが見た目もオシャレですし、片づけも簡単というように思えますが、一つ注意するべきことがあります。

それが、部屋の大きさと別途の配置というバランスです。
というのも、一人暮らしの部屋というのは大概それほど大きい部屋ではないのが普通です。
ですから、ベッドをまん真ん中に配置してしまったり、入り口付近においてしまうと、動線がうまくいかず、荷物を置くにも、掃除するにもやりにくい状態になってしまうので注意が必要なのです。出来れば、部屋の端っこにおくという事。


またドアを開けてすぐにベッドが目に入るというような形よりも、壁に沿って縦型に見えるほうが、見た目もスリムに見えてコンパクトな配置というような印象を受けます。
さらに言えば、ベッドを置いてソファーを置くというような状態ですと、とても部屋が狭くなってしまうということがあります。


しかしベッドに座って食事をしたりするには抵抗があるということになるので、ソファータイプにも変形するベッドを購入するというのはいかがでしょうか。
狭いなと感じている部屋でも、日中はソファーにできて、夜には変形させてベッドにすることで余分なスペースを必要としないということがメリットとなります。
友達が来ても、安心して部屋を使えるということは大事ではないでしょうか。


また、一人暮らしの部屋で注意することは、ベッドのケアもきちんと定期的にするということです。
たとえば、掃除はもちろんのことですが、時にはマットレスを上下逆に使用してみたり、することでへたりを減らすということが出来る可能性があります。
快適に毎日部屋を使用することが、一人暮らしをしている人にとっての醍醐味でもあります。
こういった部屋をうまく使うということを考えて、生活をしていきましょう。