ベッドの解体と処分方法について

ベッドには様々な種類があります。折りたたみ式から二段ベッド、ロフト式、パイプ式、ソファータイプなどもあり、処分方法もそのタイプによって変えなければなりません。組み立てたベッドならば、解体するのも簡単ですし、工具さえあればネジを外して、後はケガだけに気をつければそこまで問題はないでしょう。しかし、ベッドを業者によって持ってきてもらった場合など、なかなか解体や処分が難しいものもあります。一番安くできるのは自分たちの手で粗大ごみに出すことですが、階段が急だったり、周りの壁を傷つけたりと慣れないことをし、なんらかのトラブルを誘発しかねません。

そこでおすすめなのが不用品回収業者への依頼です。

moving

これならば、業者が家を訪ね、解体や処分などを一手に引き受けてくれます。仮に引っ越しをする場合なら、引っ越し業者が不用品の回収を行ってくれます。ベッドを購入する店によってはいらなくなったベッドを引き取ってくれるサービスをするところもあるので、こうしたところを利用してしまうのが手っ取り早いでしょう。
回収業者に依頼するにあたり、事前の見積もりをして、それを提示してくれるところやその内訳がわかるところを選ぶことをおすすめします。業者の中にはそうしたことを言わずに作業を行い、そこそこ高いお金を吹っ掛けるところもあるからです。また、その業者の活動範囲と拠点の場所によってはすぐに来てもらえず、何日か待って来るところもあります。ですので、ベッドの処分が必要になった時は計画的に行うようにしましょう。

木のベッドなどを処分する際、場合によってはノコギリやハンマーといった、おおよそ普段の生活では使わないものを使ってまで解体することになります。しかし、慣れないと思わぬケガを招き、大変なことになります。費用を抑えたいのは誰もが思うことですが、それでケガをしてしまっては意味がありません。専門の業者に依頼を出し、解体と処分をお任せするようにしましょう。